ピザの食べ方

ピザはイタリア発祥の料理ですが、イタリアではナイフとフォークを使って食べます。日本では自由に手を使って食べていますが、できたてのピザは熱くて手で持てませんから、ナイフとフォークを使うのは、マナー以前のことかもしれません。

ピザの食べ方ですが、放射線状にカットされているピザを一切れ取って、自分の皿の上に乗せます。ナイフとフォークを使って、ピザを端のところから巻きましょう。巻き終えて棒状になったら、一口サイズに切ってください。一口大のピザをフォークに刺して食べます。この方法だと、具のあるピザの真ん中の部分とフチの部分を一緒に食べることができます。

なお、パンを食べる場合ですが、手でちぎって食べますが、ちぎったところは見えないようにしましょう。イタリア料理では、パンにソースやスープをつけて食べてもかまわないようです。美味しいソースは、残すことなく味わってください。また、カナッペのように手でつまんで食べる料理が出てくることもあります。ナイフやフォークで食べにくい料理のときは、手を使って食べてもマナー違反ではありません。フランス料理に比べるとイタリア料理では、料理を美味しく食べることを基本としています。