レストランのマナー

フレンチレストランのマナーは一般的なものとなっていますが、イタリアンレストランでのマナーについては、おわかりになりますでしょうか。イタリア料理にもパスタの食べ方など、基本的なテーブルマナーがあります。フランス料理の場合は、ナイフとフォークの使い方から退席方法まで厳格なルールが存在しますが、イタリア料理の場合、そこまで厳しいものではありません。しかし、基本的なテーブルマナーについてひと通り覚えておかれた方がよいでしょう。

イタリア料理のメニューですが、「前菜・パスタ・主菜・サラダ・デザート」の順に提供されます。前菜を食べ終えた後に、メインの料理であるパスタが運ばれます。パスタの食べ方にマナーがありますので、後でくわしくご紹介します。

主菜では、肉料理や魚料理がメインとなっています。多くのイタリアンレストランでは、料理にパンが付いてきます。パンの代わりにピザが出てくるところもあります。日本では、ピザを手で食べますが、イタリアンレストランではナイフとフォークを使用します。また、肉料理や魚料理にもナイフとフォークが使われますが、フランス料理より気軽な雰囲気があります。イタリアは基本的なマナーさえ守っていれば、料理は楽しく食べるのがモットーとなっています。

副菜のサラダについては、特に食べ方で難しい点はないでしょう。食後のデザートに、イタリア独特のパンナコッタやティラミスが食べられるイタリアンレストランがあります。当サイトでは、イタリアンレストランのマナーについて、メニューごとに紹介します。